忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
[08/05 藍]
[07/21 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ] [ 11 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「広大の場合」1





登場人物紹介はこちら









「春ですなあ」

広大が朝希の席の前で、呟く。

その視線の先には、翔と梨呼が談笑する姿があった。

「あんたは年中春でしょ。先週の彼女とはまだ続いてるの?」

朝希の言葉に広大は冷めた視線になった。

「お前には関係ないだろ」

「……そうね」

朝希は今悲しげな顔をしているだろう。

だから広大は敢えて見ない。

「姫を失った気分はどうよ? 王子様」

「はあ? そんなことを言いにわざわざ私の席まで来たわけ? 本当に嫌なやつね、広大」

「また新しい姫でも探すか?」

言って、広大は朝希の顔を見た。

「……」

朝希は複雑な顔をしていた。

「寂しくないといったら嘘よ。

でも、梨呼には幸せになってほしかったから、本当によかったと思う。新しい姫なんかいらないわ」

「王子様にも今度は王子様が必要ってか?難しいな。王子様の王子様」

朝希の目が細まった。

「いい加減にしてくれない? 私の気持ちを知っててからかうのはやめて。王子様は広大という王子様しか要らないのよ!」

朝希の切れ長の瞳は少し潤んでいた。

広大の胸がざわつく。

「だから、いいかげん諦めろって言ってるのに」

「そう簡単にできるなら、もう諦めてるわよ! 無神経!」

朝希はガタンと席を立ちスタスタと廊下に出て行った。

朝希にはわざと冷たいことばかりを言ってきた。なのになんで諦めないのだろう。



広大は自分でも何がしたいのかわからない。

ただ、朝希から梨呼を離すために、梨呼の恋に協力をしたのは事実だ。

朝希は外見は王子でも女なのだ。朝希だって姫になっていいはずなのだ。

(ただその王子は俺じゃない)

広大にとって朝希はバスケのライバルだったし、女とは思えない。

(そう、俺にとって朝希は女であってはならない)





「朝希ちゃん?」

翔という彼ができたのに、梨呼は昼食の時間だけは相変わらず朝希と過ごしてくれている。

(気遣わなくていいって言ってるのに。本当に優しい梨呼)

「ん?」

「さっき竹田君と話してたでしょ? 何か言われたの? 元気ないよ?」

「うん。まあ、いつものことだから」

そういう朝希の顔は憂いを帯びていた。

広大は朝希にだけに故意に冷たい。それを朝希は知っている。もしかしたら、普段のおちゃらけた広大のほうが偽者なのかもしれない。

「でも、本当によかった。梨呼の恋がうまくいって。私みたいな思いはさせたくないもの」

そういって悲しげに笑った朝希に、梨呼は抱きついた。

「もうっ、竹田君許すまじ! 元気出して朝希ちゃん」

梨呼は翔と付き合いだしてから、少しずつ男子に対して恐怖心を解いていっている。それを心からよかったと朝希は思っている。

運命というのは本当にあるのかもしれない。ただ、自分の赤い糸は広大とは繋がっていないらしい。

「大丈夫。梨呼が幸せだと私も幸せだから。だから、羽柴とずっと仲良くね」

「朝希ちゃん……。私も朝希ちゃんが大好きだから、朝希ちゃんには幸せになってほしいんだよ?」

「梨呼お! なんて可愛い奴う」

思わず朝希は梨呼をぎゅっと抱きしめ返した。

(いつから広大のこと好きになったんだっけ。

……小学生のときとか楽しかったのにな。広大のほうがまだ背もちっちゃくて)

三月になり、風も春めいてきていた。だが、その暖かい日差しが朝希にはなんだか痛かった。





「広大の場合」2に続く



アルファポリス「第3回青春小説大賞」(開催期間は2010年11月1日~2010年11月末日)にエントリーしています。
よろしければ、
のバナーをクリックしてくださると嬉しいです。(このバナーは「高校生日記」ようです)


拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]