忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[08/05 天音花香]
[08/05 藍]
[07/21 天音花香]
[07/15 藍]
[07/11 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 74 ] [ 75 ] [ 76 ] [ 77 ] [ 78 ] [ 79 ] [ 80 ] [ 81 ] [ 82 ] [ 83 ] [ 84 ]


こんばんは、天音です。

今日も詩集のみです。
すみません。


未来の誰かに贈る日記の方も近いうちに更新します。
レギオンの方もできれば近いうちに更新したいな……。

今回の詩集は、「時」に関する詩を集めたものです。
やはり高校生のときに書いたのがほとんどであります。

詩の感覚って難しいですね。
大人になると鈍ってしまって、
かけません。悲しいです。

ココから詩。



「一瞬」

木漏れ日に目を細めて
私はなにを見るのだろう



「今」

人は永遠を望むばかりで
最も大切なものを忘れてしまった
失くしてしまった

私だけは覚えておこう
この瞬間を
今を生きた私を



「音がする」

音がする
心に広がる
静かだけれど
決して止むことのない
音がする

音がする
すべてをさらって
ときに優しく
ときに冷たく
駆け抜ける証
音がする

私の視界が広がりつつあるように
雲はゆっくりと姿を変え
花は日に日に色あせ
すべては段々と移り変わっていく

水の音なのか
風の音なのか
耳を澄ませば
聞こえてくる
今も刻々と過ぎ行く
時の音が



「青い空に」

晴れた日に空を仰ぐと
最も好きなこの色に
未来を見たような気がした



「ひこうきぐも」

夏の空に
きらりと光る
ひこうきぐも
幼かった日々を
思い出す



「春」

甘い風は
ちょっぴりの切なさと
大きな希望を運んでくる


「夏」

キラキラ
プールが
笑う


「秋」

ひらひら
鮮やかな木の葉が
舞う


「冬」

白い朝
霜柱だけが
背伸びしている



「変化」

人間
「分からないこと」が
最も怖い
だから
「変化」は
それが良いにしろ
悪いにしろ
怖いんだ
「未来」も
同じこと



「逢魔ヶ時」

こんなに科学の光が
綺麗なときがあるでしょうか
全ては夢のようで
それでいて いつもよりも鮮やかな時間
深い藍色の空は
暗いからこそ淡く輝き
星は不思議な光で自分を主張する
黒い雲は重く浮かび上がり
白い雲は紅く光る
太陽は沈んだというのに
地平線に這う炎
私を包む空間は
無限に広がり
美しい陰影で
私をいざなう
光と影
自然と人工
生と死が
程よく調和する
それは
危うい青の時間



「無常」

「今」が大切なのに
それは一瞬で
呼吸をする間に
「過去」になっていく

愚かであっても
苦しくても
それは一瞬で
「過去」は歪められて
美しいだけの
思い出になっていく

胸に残る微かな痛み
それなのに
記憶は
きれいすぎて
悲しくなる

心さえ
時間に支配されてる




「青い時間」

世界を染める透明な青
明るくて暗い底のない泉
そこは月だけが入れる聖域
地上を哀れに思ってか
おとされた空の雫
すべては青く染められた

昼の支配者が眠りにつき
闇がすべてを包むまで
地上と空は結ばれる
それは
青い時間・・・



「春」

今年もまたやってきた
やわらかな日差し
温かな風と一緒に
甘い香が鼻をくすぐる季節

卒業式を
思い出すから
心の奥に映っていた
あれから会っていない友人の姿が
段々はっきりと蘇って
寂しくなる
―会いたい―

クラス変えで
今の友人と
離れてしまう
悲しくなる
―嫌だ―

黄ばんだ教科書のページをめくってみても
まだ何も習っていないような気がする
学ぶべきことを
学んでいないような・・・
学べていないような・・・
―なぜだろう―

こんな思いに
押しつぶされそうで
胸の奥が苦しくて
眠れない夜だけが
過ぎていく

だから
この季節は好きになれない



「瞬間」

瞬間が
すべての時間をつくりあげる
だからこそ
この瞬く間を
何よりも輝かせたい



アルファポリス「第4回アート大賞」(開催期間は2011年10月1日~2011年10月末日)にエントリーしています。下のバナーへのクリックよろしくお願いします。




やっぱり、これらの詩も若いと感じてしまう……。
時って不思議ですよね。年をとる毎に1年が短くなっていっているような気がします。小学生のときの夏休みとか今思えば結構長く感じたんだけれどなあ……。毎日何をしようかただただ楽しくて。最後の二日ぐらいは、宿題に追われて大変でしたけれど。
今は、夏休みの時期というものもないから、夏もなんとなくで終わるのに、でも、短く感じます。この冬も早いなあ。寒い日が続くなあと思っていたら、もう、二月も下旬ですね。やりたいことはたくさんあるのに、なかなか消化できずに過ぎていく一日。勿体無いです。



アルファポリス「第4回恋愛小説大賞」(開催期間は2011年2月1日~末日開催)にエントリーしています。

彼女

Fate

初恋日和

よろしければ、お読みくださって、気に入ってくださればそれぞれのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。


 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。

 それではまた!               天音花香 

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]