忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
[08/05 藍]
[07/21 天音花香]
[07/15 藍]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 82 ] [ 83 ] [ 84 ] [ 85 ] [ 86 ] [ 87 ] [ 88 ] [ 89 ] [ 90 ] [ 91 ] [ 92 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんにちは、天音です。


少し暖かい日が続いていますね。ほっとします。
でも、週末また天気が崩れるようなので皆様お身体大切にされてください。




このブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、許可のない販売は禁止です。

某サイトにて著作権侵害、違法販売されていた私の作品の販売が停止されました。
FC2さまと応援してくださった皆様方のおかげです。本当にありがとうございました。



今日は、詩集「夢見草」をお届けいたします。

花が大好きな私。
いろいろな形、色。そして香り。どれも心惹かれます。
そんなお花たちの囁きを感じていただければと思います。


ココから詩集


「夢見草」




気付いてあげて
たくさんのささやき声が
甘い香とともに
運ばれてきます




「花」

短い時期を
懸命に生きる
とても惹かれる



「散歩」

春の空の下
たんぽぽが
一際眩しい



「おおいぬふぐり」

空の色をした
小さな小さな花
一生懸命春を告げる
「気付いて、気付いて」



「桜」

淡い思い出
一枚 また一枚
降り積もる




「薔薇」

香にくらくら
姿にめろめろ
幸せを呼ぶ香
緻密な結晶のような花びら
誰もがあなたに恋をする



「夢の花園」

白い小さな家
テラスには
椅子とテーブルが1組だけ
そして
広い広い庭

多くの種類のハーブ
デイジー
ガーベラ
マーガレット
ひなげし
主役は薔薇
薄いピンク色をした
こぶしぐらいの花が
庭を美しく飾る

テーブルには飲みかけの紅茶
私は本を手に
うたたねをする
開いたままの本が
風でめくれた・・・

それは夢
薔薇の香りが見せる夢




「露草」

露草が
こんなに鮮やかに咲く日には
きっと誰かが
泣いているにちがいない




「青田」

梅雨晴れの空の下
まだ小さな稲たちの
その鮮やかな緑に
たくましい生命力を見る



「すずらん」

すずらんは
とっても内気
いつもうつむいている
鈴のような声は
風に消されてしまう
いつか想いが届くといいね



「花菖蒲」

背筋伸ばして
葉をたてて
落ち着いた色の花は
静かに自分を主張する
誰にも負けまいと



「竹林 京都嵯峨野」

ぬれた竹は
青さを増し
雨の香にまじる
昔の香をかぐ



「ポプラ並木」

太陽が昇り始めた頃に
真っ直ぐのびた
ポプラ並木の道を
散歩する
涼しい木陰
時折差し込む眩しい太陽
すべてが新鮮に見える
このとき
こんなところで
出会いをしたい



「向日葵」

地上に咲いた
明るい太陽
高い背と
強い生命力
あこがれた人を
思い出す




「紅葉」

日に透けた紅葉が
輝きながら
舞い落ちる
思わず目で追う



「銀杏」

明るい色をした
秋の蝶
冬を呼んでる





「大きな木の下で」

広い草原に木が一本
大きな大きな木が一本・・・

ときにおまえは
冷たい雨の中 一人立っていたことだろう
強い風の中 一人揺れていたことだろう
疲れた旅人を癒したこともあっただろう
そんな中でおまえは
ずっと見てきた
そしてこれからも見続けるのだろう

おまえが何を思ってきたかは分からない
でも今は
おまえがつくる木陰で休むとしよう
おまえがひとり寂しい思いをしないように



「夢を見たら・・・」

大樹の下
土に抱かれて
眠りにつきたい



今日はココまで。


アルファポリス「第4回アート大賞」(開催期間は2011年10月1日~2011年10月末日)にエントリーしています。下のバナーへのクリックよろしくお願いします。


津波で流された場所で花を咲かせる梅をテレビで見たことがあります。
植物とは、本当に強いものだなあと感じました。
土に根をおろし、はかない時を美しくしたたかに生きて、土に還る……。
私たちも植物のように生きられたら素敵だなと思います。


 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ポチポチ頂いております。ありがとうございます! 嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた!               天音花香 

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]