忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
[08/05 天音花香]
[08/05 藍]
[07/21 天音花香]
[07/15 藍]
[07/11 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア


こんばんは、天音です。


今日はサイトの方に掲載していたものをこちらにお引越しです。

これは、小学生の頃、絵本にしたいなと思っていたものを数年前に文章にしたものです。
ちょっと悲しい雰囲気ではありますが、個人的には思いいれのある物語です。


ココから小説


              吸血鬼


むかしむかし、吸血鬼が森の奥に住んでいました。
 でも、吸血鬼はさみしがりや。いつも一人ぼっちなが悲しく、友達が欲しいと思っていました。しかし、吸血鬼は人の血を吸わなくては生きていけません。吸血鬼は毎日さみしく、悲しい思いをしていました。
 そんなある日のことです。吸血鬼の森に、一人の娘が迷い込んで来ました。栗色の髪に、空色の瞳。その目はとても澄んでいて……。吸血鬼は一目で娘を好きになりました。吸血鬼は言いました。
「ぼくと友達になってくれないかな」
 すると娘は震えながら言いました。
「あなたは吸血鬼。私の血が欲しいのね?」
 娘の言葉に、吸血鬼は悲しくなりました。
「そんなこと、考えていないよ。お願い、ぼくを怖がらないで」
「でも、あなたは今までに何人もの血を吸って命を奪ったわ。だから……」
「友達になれないって?」
「ええ……」
「じゃあ、吸わない。これからは吸わない。だから友達になって」
 泣きそうになって言う吸血鬼が、娘はかわいそうになりました。だから娘は答えました。
「いいわ。私でよければなりましょう」
 娘の言葉に、吸血鬼は本当に嬉しそうに笑いました。


 その日から、吸血鬼は娘と楽しい日々を過ごしました。


 吸血鬼は娘に、大地の唄を、風の音を、森のざわめきを、闇の波動を聞かせました。
「私もこの自然の中の一人なのね」
 娘はお礼に吸血鬼に歌を聞かせました。
「君の声は、君の心のようにきれいだ」

  ある日、娘は吸血鬼を花畑に誘いました。
「でも、ぼくは光に弱いんだ」
  すると娘は言いました。
「大丈夫! あなたの心から光の声がするわ。光がだめと思い込むからいけないのよ。さあ、勇気を出して」
  吸血鬼はおそるおそる、光あふれる花畑へ行きました。さまざまな色をした花が光のもとで輝いています。吸血鬼の体はなんともありませんでした。吸血鬼は嬉しくなって、娘に花冠をプレゼントしました。
「君のおかげだ! 光ある世界はとてもきれいだ!」

 二人で虹の橋を渡りました。
「わあ、世界はなんて広いのかしら!」

夕日がなごりおしそうに沈むのを二人で眺めました。
「綺麗だわ……」
「太陽がさようならって泣いている。だからきっとこんなに切ないんだ」


 ある夜は、空を散歩しました。いくつもの星が二人にウインクしています。二人は三日月に腰かけ、見つめあいました。
「初めて会ったときからきみに惹かれたよ。きみはぼくに幸せと光をくれた。きみが好きだよ、世界で一番」
  娘は頬を赤らめました。
「うれしい。私もよ。あなたはやさしくて、恥ずかしがりやで、さみしがりや。だから私がそばにいるわ」
  二人はそっとくちびるを重ねあいました。


 本当に夢のような日々でした。この幸せがいつまでも続くのだろうと娘は思っていました。ところが、日に日に吸血鬼が弱っていくのです。娘はあわてました。
「どうしたの?病気なの?」
 娘の言葉に吸血鬼はうつむき、言いました。
「病気じゃないよ。食事をしないからだよ」
「食事?」
「……そう。血を吸うことだよ」
 吸血鬼の言葉に娘ははっとしました。そうです。吸血鬼は血を吸わなければ生きていけないのです。娘は顔をおおい、泣きました。
「お願い、死なないで! 私の、私の血を吸って! さあ!」
 娘は覚悟を決めて言いましたが、吸血鬼はそれをこばみました。
「吸わないよ。 判ったんだ。ぼく一人が生きるために、大勢をぎせいにするより、ぼく一人がぎせいになって、多くの人を生かすほうが、ずっとずっといいことなんだって」
「こんなの悲しすぎる……! なぜ神様は吸血鬼という生き物をお創りになったの?」
「悲しまないで。ぼくはとても幸せだよ。きみと出会えたから」
 吸血鬼はほほえんで言いました。やさしい、せつないほほえみでした。
 娘はただ、ひたすら神に祈りました。
 しかし、次の日の夜。娘の祈りもむなしく、

「ありがとう、どうか幸せになって」
 という言葉を残して、吸血鬼は死んでしまいました。幸せそうにほほえんで。それはまるで眠りにつくかのようでした。

 娘は。ひとり残された娘は吸血鬼のために泣きました。そして、泣きながら、吸血鬼が次は人間に生まれてくることを祈りました。

                     おしまい


この作品を気に入ってくださったらクリックをお願いします。
アルファポリス「第4回絵本・童話大賞」(期間は2011年8月1日~2011年8月末日)にエントリーしています。下のバナーへのクリック、お待ちしております。


 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。

 それではまた近いうちに!               天音花香

拍手[0回]

PR

こんにちは、天音です。



まず最初はいつものように呼びかけから。
何度も目にするのは嫌だとは思いますが、許してください。


このブログ、小説ブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、許可のない販売は禁止です。
某サイトにて著作権侵害、違法販売されていた私の作品の販売が停止されました。
FC2さまと応援してくださった皆様方のおかげです。本当にありがとうございました。



さて、今日の小説は童話になります。
私の書く童話はどうして悲しいものになってしまうのか……。
自分でも分かりません。
主人の実家で飼っているコジローと仲良くなればなるほど、
その前に飼われていたセイジ君の死が思い出されることも多く、
自分より先に死んでしまうということを考えるのが悲しくなります。
(いえ、コジローはまだまだ元気ですよ)
ただ、そう考えたときに逆だったらどうだろうと思い、作ったのがこの童話です。
逆を考えるともう悲しくて悲しくて……。小説を書きながら泣きました。
それで飼い主の方が長生きした方がペットは幸せなのだろうと思いました。


このような時期にこんな悲しい話を載せるのはとためらいもしたのですが、
この「たま」はたぶん、被災地の生き残った皆さんの心にもいるような気がして……。
悲しいけれど、それでも生き残った者は生きていかなければならないという苦しさ。


いのちについて何か伝えられることができればと思います。


ココから小説



       わたしは「たま」




 わたしは「たま」と呼ばれています。

 以前は名前はありませんでしたが、わたしは人間というものに飼われている猫だそうです。
 人間は私に比べてとても大きくて、その大きな手がわたしの頭をさわろうとするとき、はじめはとてもこわかったです。でも、今はそのぬくもりがここちよく感じます。それに自分で食べものを探す必要もなくなったし、とても楽です。

 毎日おさんぽのときには、猫の集会に顔を出します。そこにはわたしのような飼い猫もいれば、のら猫もいます。わたしはまだ数年しか生きていないから、年上の猫たちにここでいろいろ教えてもらいます。
「最近、おれの飼い主は食べものをくれないんだ。ずっと動かないし」
という話をききました。でも、わたしの飼い主はちゃんと食べものをくれるし、なでてくれます。「たま」と呼んでくれます。
 
 わたしは「お手」というものを覚えました。ただ、右手を飼い主の手にのせるだけなのですが、わたしの飼い主はとてもうれしそうで、いつもよりたくさん笑って、なでてくれます。わたしはその笑顔が見たくて、毎日お手を何度もします。
 「たまがいるからさびしくないよ」
とわたしの飼い主は言います。わたしにはさびしいということがわかりません。それでもいいのです。わたしはしあわせだから。わたしは毎日お手をします。

 人間というものはふしぎな生き物です。毛が黒から白に変わったり、手がしわくちゃになったりしていきます。そして、なんだか大きかったからだが少し小さくなったような気がします。わたしは変わらないのに。

 最近、わたしの飼い主は、「こんこん」と変な声でないています。なんだか元気もないみたいで、あまり動かなくなりました。わたしは何度も何度もお手をします。他に喜ばせる方法をしらないから、お手をします。わたしをなでてくれる手に、昔のような力はありません。わたしはなんだか悲しくなりました。

 とうとう、わたしの飼い主は、ずっと寝たきりになりました。
「たま、ごめんね。えさをあげられなくてごめんね」
 飼い主は言うけれど、食べものはまた探せばいいだけです。わたしはとにかく喜んでほしくてお手をくりかえします。

 この数日、わたしの飼い主は、「たま」と呼んでくれません。何度も鳴いてみたけれどだめでした。わたしはお手をくりかえします。きっとまた笑ってくれる。なでてくれる。でも、わたしの飼い主は、笑うこともなでることも、そして、動くこともなくなりました。
「触るととても冷たいんだ」
 いつか猫の集会で耳にした言葉を思い出しました。
 わたしはおそるおそる飼い主の手に頭をすりつけました。そしておどろきました。あのぬくもりはなく、冷たいのです。そしてかたいのです。ほほにもすりすりしましたが、同じでした。わたしはとにかくお手をします。何度も何度も。おねがいです。起きてわたしを「たま」と呼んでください。
 わたしの目から、なぜか水があふれました。
 わたしはくる日もくる日もお手を続けました。冷たくなったらもう動くことはないときいたけれど、わたしはやめません。

 数日後、なんだかたくさんの人間がきて、わたしの飼い主を連れて行ってしまいました。
「やめて、連れて行かないで。おねがい、やめて」
 わたしは鳴いたけれど、だめでした。やがて、わたしと飼い主の住んでいた家は、へんな音のする大きなものがこわしてしまいました。
 お手をしたいのに。よろこばせたいのに。飼い主はいません。わたしはひとりぼっちです。

 ある夜。
「たま、ありがとう。わたしもたまがだいすきだよ。ありがとう」
 わたしは飼い主にたくさん頭をなでてもらいました。わたしはうれしくてうれしくて、何度も何度もお手をしました。わたしもあなたがすきです。だいすきです。ずっとずっとそばにいてください。
「にゃー」
 わたしは自分の声で目を覚ましました。わたしは家のなくなった空き地の中にひとりぼっちのままでした。わたしの目からはおおつぶのしずくがたくさんこぼれおちました。それは「なみだ」というものだとのちに知りました。

「たまや。飼い主は空の国に行ったんじゃよ」
 わたしを心配してやってきた長老猫は言いました。
「わたしも空の国に行きたいです。会いたいです。お手をするんです」
 わたしが泣きながら言うと、長老猫は悲しい顔をしました。
「わしらが行くのは、まだ先じゃよ。
たま。ひとりでさびしかろう。みんなで暮らそう」
 わたしはさびしいという気持ちを知りました。そして思いました。わたしの飼い主はさびしくなくてよかったと。

 わたしはのら猫たちと暮らすことになりました。
 わたしは毎日空を見上げます。そして、空の国の飼い主にむかってお手をします。
 わたしが見えますか? だいすきです。伝わってますか? よろこんでくれていますか?

 人間よりペットが長生きする世界で。
 わたしは「たま」と呼ばれていました。
                              おしまい

この作品を気に入ってくださったらクリックをお願いします。
アルファポリス「第4回絵本・童話大賞」(期間は2011年8月1日~2011年8月末日)にエントリーしています。下のバナーへのクリック、お待ちしております。





 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。



 それではまた!               天音花香 

拍手[0回]


こんにちは、天音です。
こちらではだいぶんご無沙汰しております。


今回の物語は自分で書いていてこの結末でいいのかわかりませんでした。
登場人物が納得しているのだからそれでいいことにしようと思っている物語です。
現在の日本では重婚はありませんが、世界ではこういう思いをしている方もいるのかなと思います。童話としてはどうかと思いますけれど、読むだけ読んでいただけると嬉しいです。



ココから小説



       もの吐き娘


 むかしむかしあるところに、斉という地主がいたそうな。
 斉は母親と二人で暮らしていたが、嫁をもらうことになった。嫁になったのは働き者の村の娘で名を梅といった。
 梅は気立もよく、斉に尽くしてよく働いたが、子供ができなかった。そこで斉の母親は、もう一人新たに嫁をもらうように斉に言った。斉は梅を愛していたので始めは断っていたのだが、結局もう一人の嫁をもらうこととなった。その嫁は松といった。この松もよく働く娘であった。
 四人は仲良く暮らしていた。そのうち松に子供ができ、四人はたいそう喜んだ。
 子供ができると斉はすっかり子供に夢中になった。そして松の部屋によくいくようになった。

 そんなある日のこと、梅は自分の口に違和感を覚えて取り出すと、斉からもらった数々の贈り物があとからあとから出てくるのであった。梅は苦しくて苦しくて臥せってしまった。三人は甲斐甲斐しく看病をしたが、梅の病はなかなか治らなかった。
「どうしたことだ」
 苦しむ梅を見て、斉は途方に暮れるばかりだった。
「それにしてもなぜ私があげた物が口から出てくるのであろう」

 その日も斉の贈り物を吐き出す梅の背中をさすりながら、斉は言った。
「そなたの病気が治るのならなんでもするのに」
 斉の言葉に梅は苦しみながら答えた。
「お前さま。お前さま。ならお前さまの子の命と引き換えてでも治してくださるか」
 斉はそれを聞くと心が張り裂けそうになった。梅の心の寂しさを悟ったのだ。
「そうか、そなたを苦しめていたのは私だったのか」
 斉は悩みに悩んだがわが子を喪うことは無理だった。
「すまぬ。私にはどちらも選べない。許してくれ」
 斉が心から自分のために悩むのを見て、梅は満たされた。
「お前さま。私が悪うございました。もうよいのです。悩むのはおやめになって」
「梅」
 二人は泣きながら抱き合った。その日を境に梅の病はたちどころに治った。
 
 それからというもの、斉は子供を愛おしむのと同じように梅も松も愛した。子供はすくすくと育ち、五人は末永く幸せに暮らしたとさ。

 
                             おしまい


この作品を気に入ってくださったらクリックをお願いします。
アルファポリス「絵本・童話大賞」(期間は年8月1日~2011年8月末日)にエントリーしています。下のバナーへのクリック、お待ちしております。





 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。



 それではまた!               天音花香

拍手[0回]


Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]