忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[10/10 ブランド激安市場N級品専門店]
[09/22 プラダバッグコピー]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 141 ] [ 142 ] [ 143 ] [ 144 ] [ 145 ] [ 146 ] [ 147 ] [ 148 ] [ 149 ] [ 150 ] [ 151 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、天音です。


今回は久しぶりに「緋い髪の女戦士」10をお送りいたします。
相変わらず書くのに苦戦しています。
たぶん11は大分後の更新かと思います。すみません(汗
「恋人ごっこ」の方も更新しますのでよろしくお願いします。

この小説は、六道 慧さんの「神の盾レギオン 獅子の伝説」の二次創作です。
(古い作品なので、知らない方が多いとは思いますが……)

えっと、お手数ですが、タイトルにある数字の順番に読んでください。

それから、一気に書いていないせいか、内容がだぶっているところがあるかもです。
我ながらしつこい文章だな……と思いますがすみません。


コメントいただければ喜びます。
拍手もとても支えになります。その際にはぜひ、一言書いていただければ嬉しいです。
それでは、お楽しみいただければ幸いです。

登場人物紹介はこちらから

最初から読む方はこちらから

ココから小説

 唐突に始まった旅にしてはマーニとミレトス二人の旅は順調に進んでいた。というのも城下町の散策の際に、ミレトスとマーニは身分証を持ってきていた。なので、折においては、王子の社会勉強の旅と説明すればほとんどのことはうまく運んだのである。食料の買い増しや、燃料を買う時にも、身分証を提示し、あとで支払うということで問題なく乗り切ることができた。
「あれは何?」
 というミレトスの質問が毎日繰り返されたが、ソリスに比 べるとミレトスは従順なほうで、マーニの説明で納得し、いろいろ試してみようとはするものの、問題を起こすまではなかった。
 実にエル・カルーの国内ではミレトスとマーニの旅は順調だった。


 一方、ソリスとアルベルトの旅は問題児ソリスのせいでアルベルトが苦労させられる旅となっていた。
「……ソリス様、マーニ殿の首がかかっているのですよ?」
 アルベルトは何度この言葉を口にしたか。
 マーニの命がかかっているということで、いつもよりかは真面目に旅をしていたソリスだったが、持ち前の好奇心には勝てずに、町に入ると賭博やら喧嘩やらで問題を起こしていた。
「わかってる」
 どこまでわかっていることやら。
「マーニ殿は毎回こんな苦労をされていたの だろうか……」
 思わずつぶやいたアルベルトに、
「いや、こんなもんじゃねーよ? マーニといるときはもっといろいろあった」
 けろりとして答えるソリス。アルベルトはげんなりとした顔でマーニの苦労を思った。
「今回は、マーニたちをどうにかしなきゃなんねえから、遊んでばかりもいられないだろ?」
「先ほど賭博場でお金を使い込んでしまったのは誰です?」
「ちょっとだけじゃねえか。なんだ、アルベルト、段々マーニのようになってきたな」
 ソリスとアルベルトは慌てて出てきたのもあり、身分証を持ってきていなかった。有り金は貴重なのに、ソリスが使ってしまうのでアルベルトはやりくりに苦労していた。ソリスのちょっとした知り合いたちに助けられ、やっと進んで いるような旅であった。


 エル・カルー最後の町で、マーニはロゴスの燃料を入れてもらっていた。ミレトスは近くの老婆に話しかけられ、相手をしていた。そのミレトスがマーニを呼んだ。
「マーニ、このお婆さんすごいんだよ? 身分証を見せていないのに、僕が王子だってわかったんだ」
 マーニが怪しんで老婆のもとに行くと、老婆はじーっとマーニの顔を見た。
「ミレトス様が王子だと分かったようですが、あなたはいったい……」
「そなた、苦労性の星の下に生まれているようじゃな」
 老婆の言葉にマーニはうんざりした顔をする。
「は、はあ。いかにもそのようです」
「気を付けなされ。そなた、これからよくないことが起こるようじゃ」
 嫌な予言をされて、マー ニはさらにうんざりした顔になった。
「そうですか。それを避けることはできないのですか?」
「そこまではわからん」
「はあ、そうですか。先を急ぎますので。
ミレトス様行きますよ」
「達者でな」
「じゃあね、お婆さん」
 のんきな王子は老婆に手を振っている。
 先に起こるよくないこと。
(間違いなく、アリク王に処刑されることに違いない)
「マーニ、大丈夫? 気にしちゃだめだよ。悪いことが起きてもそのあとにいいことがおきるかもしれないよ?」
「そうですね」
 笑うマーニの顔はひきつっていた。




                                  続く



 ここまで読んでくださりありがとうございました。次はこの続きになるかわかりませんが(短編になるかもです)、この小説はまだまだ続くと思われます。これからもどうぞよろしくお願いします。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナーをクリックしていただければ幸いです。


 それではまた!               天音花香

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]