忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
[08/05 藍]
[07/21 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんな時間にこんばんは。

天音です。

今回は、二次創作なのに、もう、かなり昔の小説なので、知らない方が多いと思います。
しかも、時間にしては、十分かからない程度の話です。

六道 慧さんの「神の盾レギオン 獅子の伝説」が大好きで、
でも、第一部がおわってから、外伝が出たのみなので、続きが読みたいなあと思っているんですよね。今回、もう一度読み直したので、余計に切望してます。

それで、今回の場面は、獅子伝のⅣ巻の、ラミレスが死んでしまった場面です。
私はこの、ラミレスが本当に好きで、もう、死んだときはすっごくショックだったのですが・・・・・・・
大好きなマーニが可愛そうでした。
そういうことで、二次創作書いてみようかな、と短編を書いてみました。


とにかく、「六道さん、続き書いて欲しいです~!」というのが本音です。
先月、6年連載がとまっていた、前田珠子さんの「破妖の剣」も復活しましたし・・・・・・。

獅子伝も、続き、出るといいな…・・・。



<ココから小説>




 女が泣いている。

 日にやけた肌は小麦色。波打つ赤色の髪は炎のようで眩しいほどに美しい。
悲しみとやり場のない怒り、憂いに満ちた茶色い瞳からは、大粒の涙が絶え間無
く零れていた。

 女が泣いているのが視えるということは自分は死んだのだろう、とラミレスは理解した。

(マーニ殿…・・・)

 死ぬ寸前まで、彼女の声に従って戦った。
 自分の意思かも分らずに。
 そしたら敵が倒れた。
 エル・カルーの人間に心気(バトス)はないはずなのに、頭に響いてきた彼女の悲痛な声。彼女のおかげでレオベルク陛下を逃がすことができた。自分の役目を果たせたのだ。


(そのように泣かずともよい……)
 ラミレスは彼女を泣かせてしまったことには後悔した。


 思えば女とは縁遠い人生だった。
 ラミレスの精悍な顔つきと、均整のとれたしなやかな筋肉のついた体。
 それに加えて、常に冷静でありながらも、思いやりのある人柄に魅了される女は多かった。
 だが、彼は忙しすぎたのだ。
 リンデルム前王から絶大な信頼を置かれ、側近として、数々の危険なことをこなしてきた。また、レオベルク陛下に対しては、心気の使い方や、剣技を中心に、戦い方をいうものを叩き込んだ。ある意味、レオベルク陛下のもう一人の父のような存在だったと言っていいだろう。


 マーニ殿……。

 初めて会ったとき、決闘を申し込まれたことを思い出し、ラミレスは苦笑した。一瞬で勝負がつくだろうと高をくくっていたが、左利きの魔女(スカウエオラ)の異名を持つ彼女の剣技は素晴らしく、予想より苦戦を強いられることになったのだった。
 しなやかで無駄なく、急所を狙って繰り出される剣。ラミレスでさえ、本気をださなければ勝てないと思わされた。
 玉のような汗がほとばしり、瞳をきらきらさせて戦っているときの彼女は本当に生き生きしていた。美しいと思った。
ラミレスはマーニと剣を交えているとき、間違いなく、心が躍る感覚を覚えていた。


(私の死を悼んでくれるそなたがいて、私は幸せなのかもしれぬな。
そなたの長衣(ドレス)姿を見たかったものだが……)


(マーニ殿、幸せになられよ。
いつもいつも、人のために動いているそなた。誰よりも幸せになることを祈っておる)

 ラミレスは、涙にくれているマーニの肩を、一度抱きしめるように、触れた。
 
 その瞬間。
(?)
 これは・・・・・・!
 ラミレスの瞳にはある未来が映っていた。
 慣れない長衣をまとって居心地の悪そうにしているマーニがいた。
 自分の美しさに気づいていない彼女は、しきりに、下を向いている。
 白いベールの下にはマーニにしては珍しく、不安そうな顔があった。
(ほう、美しい。やはり、マーニ殿はドレスも似合う。
しかし、白いベール……。この歓声……。これは、もしや……)
 一瞬、隣に居るのが自分だったら……と思った自分に、ラミレスは苦笑した。
 マーニの少し後ろから歩いてくる長身の少年は、歓声に手を振り、応えている。いつもとは違う、豪華な服装を身につけていていた。赤い髪に、ふてぶてしそうな唇、だが、どこか憎めない美男子。
(はて、どこかで会ったような……)
 自分を「おじさん」と呼んでいた、無邪気そうな少年。
(そうか……、マーニ殿は……)
 その彼は今、リアファーナ王女の死の真相を確かめに行っているようだが……。
(ううむ……)
 一抹の不安は覚えるが……。
「どうか、マーニを幸せにしてあげてくだされよ、ソリス殿下」
 

「マーニ殿、そなたはまだお若い。これからの人生を精一杯生きられよ。
さらばだ」
 そうラミレスが心で声をかけると、マーニは、一瞬、周りを見回した。
「ローエングリン公爵?」
 もちろん応える声はない。女は泣き続ける……。


 そんなマーニを見ると胸が痛んだが、ラミレスは今度こそアース神のもとへ旅立ったのだった。



分らない方には申し訳なかったです。
少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。
それでは失礼します。                  天音

拍手[3回]

PR


こんばんは、メリークリスマス。

今日はクリスマスイブということで、
番外編をお送りいたします。

ラブラブなソリスとマーニを書きたくて……。

それでは、最後まで読んでいただければ幸いです。

(この小説は、六道 慧さんの「神の盾レギオン 獅子の伝説」の二次創作です。
(古い作品なので、知らない方が多いとは思いますが……))

ココから小説。



 もう、ソリスさまはいったいどこにいったのだろう。
 結婚して、二週間。
 一週間は結婚式とは別に、結婚祝祭と称して、舞踏会を毎日のように開かれた。慣れない長衣(ドレス)を着せられ、長時間過ごすことはマーニにとって苦痛でしかなかった。まあ、遠国はるばる来てくれた友人たちに会えたことは嬉しかったが、ろくに話もできず、踊る、食べるか、作り笑いを浮かべて会釈するだけの日々。
 げっそりと疲れたマーニにソリスは新婚旅行と称して、世界を回る旅にマーニを連れ出した。
 着慣れた短衣、ターバン。マーニは少しほっとした。
 小さなナラーバ砂漠を越えてたどり着いたのは隣国のアル・タバリ。エル・カルーと雰囲気が似た国だ。エル・カルーと同じように大陸の南にあるからだろう。ただ、この国は石油が出ない。だから、隊商と呼ばれる商人たちが、アル・タバリの特産の美しい絨毯だとか、綺麗な細工の施してある装飾品だとかを運び、様々な国に売ることによって、国が成り立っていた。
 そのアル・タバリについて、もう5日になる。賑やかな市場を見て回るのは興味深かったが、それも流石に3日もすれば飽きてしまう。そろそろ次の国に行こうかという話も出ていたところだった。

 ソリスさまはいったいどこに行ったのだろう。
 いつも自分より遅く起きるソリスが今朝、マーニが起きたときには、宿にいなかった。こんなことは初めてだ。
 結婚してからというもの、珍しくソリスはマーニのそばを離れなかった。意外なことだった。だが、それは嬉しい誤算で、マーニはというと、妃にして、従者というなんとも不思議な肩書きなので、ソリスがいつものように単独行動で暴走することがない日々に幸せを感じていた。
 しかし。
 やはり、ソリスはソリスだったのだ。
 それにしても突然だ。ソリスらしいと言えばソリスらしいのだが……。
 まあ、アル・タバリは治安は比較的よいようなので、そこまで心配ではないが、何か事を起こしているのではという、別の心配がマーニの胃を痛ませる。
 それに、昨夜だって、いつもと変わらず……。
 マーニは思い出して赤面する。夜のソリスは夜の顔がある。マーニはソリスとしか関係を持ったことがないので、よくわからないが……。耳元で甘く囁くソリスの声を思い出して、ますますマーニは赤面した。
 そして、同時にはっとする。
 もしかして、ソリスさまはわたしでは満足できないのでは……。それで娼館にでも行っているのでは……。
 結婚する前は気にもならなかったが、結婚すると、ソリスが娼館に行くというのはなんだか面白くなかった。いや、面白くないどころか、悲しいような、苛立ちのようなものがマーニの心を占めだした。
 ぶんとマーニは頭を振る。
 やめよう。こんな自分は、自分らしくない。
 探しに行こうかとも思ったのだが、入れ違いになるのも困るし、なんだかこの二週間で疲れてしまっていたので、マーニはベッドで寝てすごすことにした。従者としては失格な行為だが、今の自分は普段より冷静さを欠いている気がしたので、出歩いてもどうせいい結果はえられないだろう。
 うとうととまどろんでいると、今までのことが夢となってでてきた。
 リュカーンでのヒースクリフの戴冠式。思えばあの日から多くのことが起こりすぎた。大陸の国々は、それぞれの思惑はあれど、戦争をしないようにやってきた。それが一瞬で水泡と化した。そして、イスファタルが滅びた。
 ローエングリン公爵……。
 マーニの想い人、ラミレスは戦死。同じくソリスの想い人のリアファーナ王女も帰らぬ人となった。
 国の均衡は崩れ、今も水面下でなにやら不穏な動きがある。
 そして、エル・カルーでは、エハル殿下による、ソリス暗殺計画。アリク王の命による、従者交換。
 最近のメインイベントといえば、ソリスとの結婚。
「マーニ、俺、アルヴィースを側室にするから~! じゃ、今夜は行ってくるな~」
 え……!?
「ソリスさま!!」
 勢いよく上半身を起こして、マーニは額の汗をぬぐった。
 夢……? いや、もしかしたら……。近い将来かも……。
 そう思って、悲しみと怒りを覚えたマーニだったが。
「お! ちょうどよく起きたところか、マーニ」
 ソリスの声に、マーニが扉の方を見ると、なんだか赤い服装に、白いひげをつけた奇妙ないでたちのソリスの姿があった。
「……。ソリスさま、今度は何をされているんですか?
今朝早くから姿が見えないので、心配したんですよ!」
 マーニはふいと目をそらして言った。
「そうか、寂しかったのか?」
 上機嫌なソリスの声。
「べ、別にそんなことはありません」
 言い返すマーニの声に覇気はない。ソリスがそのマーニの頭をぽんとなでた。
「な……」
「ほれ」
 ソリスが大きな白い袋をマーニに渡す。
「? なんですか?」
「いいから見てみろよ」
 マーニはその白い袋に手を入れる。どうやら何かがたくさん入っているようだ。とり出すのも大変だしと、袋を逆さにする。
「おい! 壊れないようにしろよ?」
 マーニは目を見張った。アル・タバリの城下町の店で、マーニが素敵だと思ったもの全てが入っていたのである。
 品がよく、細かい刺繍の入った短衣。軽くてしなやかで、かつ、おしゃれな皮のブーツ。ターバンを止めるのに素敵だなと思った琥珀色の宝石のついた留め金。ソリスとの朝食のときに、使いたいと思った、美しい細工の施してあるティーカップ。自分には似合わないだろうと思いながらも惹かれずにいられなかった、シンプルな銀に青い宝石がいくつかあしらわれた指輪……。あげるときりがないほどの品々。
「ソ、ソリスさま……これは……」
「おう、お前への贈り物だ」
「でも……」
 心配なのでソリスには大金を持たせていなかったはずだ。
「ああ、今日、夕方まで店で雇ってもらってな。いろいろやったぜ。葡萄酒の葡萄つぶしだとか、皮なめしだとか、食堂の皿洗い、店員……。世の中にはいろんな職があるもんだな」
 日ごろから王子の自覚はないとは言え、ソリスが……。そう思うと胸が熱くなった。でも、なぜ突然……。
「なんかアル・タバリでは12月24日に、えーっとなんとか神……忘れちった」
「アルス神です」
「そう、その神様の誕生日が25日だったとかで、その前夜は恋人と特別な時間を過ごすんだってきいたからさ」
「ソリスさま……」
 思わずマーニはソリスに抱きついてしまった。嬉しくて、目頭が熱い。
「喜んでくれたようでよかった。一日一人にして悪かったな。
そうそう、マーニ腹減ってるだろ? いい雰囲気の店を予約しといたんだ、行こうぜ!」
「はい」
「悪いけど、今日は長衣がいいな。それも買っといたから。着替えてこいよ」
「はい」
 マーニはソリスの選んだ長衣に着替える。しなやかで、さらりと肌に心地いい素材のシンプルなドレス。ただ、体のラインが結構見えるので、マーニはソリスの前に出るのを躊躇った。こんな女性らしい長衣、自分に似合っているのか不安だったからだ。
「マーニ?」
「ソ、ソリスさま……。この長衣じゃなきゃだめですか?」
「せっかくだろ~、今日はそれ着てくれよ」
「……」
 マーニは自信なさげにソリスの前に姿を現した。
「……」
 ソリスは一瞬言葉を失った。少しクリーム色がかったドレスに、マーニの燃えるような赤い髪が映えて美しい。
「……。マーニ、お前、普段からそういう格好してたら、誰も男だと間違えないぜ?」
 マーニはソリスの言葉に複雑な気分になる。
「ど、どういう意味でしょう……」
「似合っているぜ! どこから見ても絶世の美女!」
「からかわないで下さい」
 マーニは頬を赤く染めて、下を向く。
「からかってなんかいねーよ! 本当に綺麗だぜ! もっと自信持てよ!」
 マーニの腰に手を回し、ソリスはすかさず口づけた。
「ソ、ソリスさま!」
「このままベッドに行きたいところだが、まずは食事だったな。行こう!」
「は、はい……」
 二人は上等な葡萄酒と食事を堪能して、多くのアル・タバリの恋人たちがするような、素敵な夜を過ごしたのだった。
「マーニ、長衣は俺に脱がさせろよな」
 長衣を着ると、女性らしい顔を見せるマーニがソリスは愛おしくてたまらない。
「じ、自分で脱ぎますからいいです」
 この一言さえなければ、と思いながら、それでも頬を朱にそめて、うつむきながら、マーニは最後の葡萄酒を口にした。

                            おしまい


ランキングに参加しております。
プロフィール下のバナーをクリックしていただければ幸いです。

 それではまた!               天音花香                   

拍手[1回]


Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]