忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
[10/10 ブランド激安市場N級品専門店]
[09/22 プラダバッグコピー]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 1 ] [ 2 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんにちは、天音です。

こちらは乙女ゲーム「いざ、出撃! 恋戦」の二次創作集。「早苗が通る!」になります。

いざ、出陣!恋戦


早いものでこのシリーズも6回目です。
最近ネタ切れをしていたのですが、景勝の祝言結末をやって、少しまたネタがうかんだので更新します。
なので、後半は景勝祝言結末ネタが多いです。


注意;「早苗が通る!」バージョンはギャグ要素ばかりなものです。
姫の名前は 小西 早苗(こにし さなえ)で書かせていただきます。名前の由来は前も書きましたようにありません。思い付きです。
シリアスなものを書くときは姫の名前は無しで書きたいなと思っております。

それではお楽しみ下さい。

この小説ブログ、そしてもうひとつの香水ブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、無許可の販売は禁止です。
某サイトにて著作権侵害、違法販売されていた私の作品の販売が停止されました。
FC2さまと応援してくださった皆様方のおかげです。本当にありがとうございました。




ココから小説

「早苗が通る!」シリーズを最初から読んでみる



  1.格好

才蔵
「……早苗姫」
早苗
「才蔵! 驚きました。いつからそこに?」
 才蔵は一度口を開きかけて、言葉を呑んだ。
才蔵
「……三分ほど前からです。(三十分前からだとは言えない……)」
早苗
「そうだったのですか。気配がこんなに分からないなんて、才蔵はとても優秀な忍なのですね!」
 にっこり早苗が笑って言う。そう言われると才蔵は嬉しいのだが、やはり忍は忍でも、佐助より自分は影が薄いと感じてしまう。
才蔵
「……」

幸村
「才蔵!」
才蔵
「は!」
 幸村の前に現れた才蔵に、幸村は目を見張る。
幸村
「……何か祭りでもあるの?」
佐助
「ぶっ! あはははははははは!!!」
 天上から落ちてきた佐助が腹をかかえて笑う。
才蔵
「……」
小次郎
「慶次の格好だけはやめとけ」
早苗
「……。(そんなに悩んでいらっしゃったなんて)」



   2.続格好


慶次
「そんなにこの服、奇抜か?」
早苗
「い、いえ、そんなことは……。よくお似合いです」 
 早苗はつい顔を伏せてしまう。
慶次
「……。オレは茶道もやるし、文化人なのに。姫さんだって感心してたじゃねえか」
早苗
「はい! その通りでございます」
小次郎
「早苗、ちゃんと言ってやれ。文化人だろうがなんだろうが、その格好は変だと」



  3.続続格好

 
慶次
「人に言われてどうこうするのはオレの主義に反するが、姫さんが好まないんじゃ、ちょっくら変えてみるか……。地味な奴と言えば……」
 慶次は考える。
慶次
「才蔵は流石に地味すぎるか!」
 慶次の言葉に才蔵は木陰で涙ぐんだ。
早苗
「慶次様! そのようないい方……!」
慶次
「そうだ!」

小次郎
「で、宇佐美サンになったわけ?」
宇佐美
「……」
 兼続は必死に笑いを堪えている。
謙信
「あははははは!」

「よ、よくお似合いです……」
慶次
「何で目をそらすよ?」



  4.続続続格好


 意外に宇佐美の格好が気に入った慶次。
慶次
「ん?」
 慶次はふと思いついた。
小次郎
「なぜ後ろ髪を切る?」
慶次
「それはな」
小次郎
「そのちゃんちゃんこはなんだ?」
慶次
「見りゃ分かるだろ? そっくりだ」
小次郎
「鬼太郎か……」
早苗
「鬼太郎様? どなたですか?」


    5.戦場にて

景勝「あれが甲斐の虎……」
兼続「眼光が鋭く……正直恐ろしい」
 二人の隣の宇佐美の表情は変わらなかった。
 景勝はちらりとその隣を見る。戦の顔の謙信がいた。
景勝
「父上の氷のように冴え渡る鬼神の顔の方がもっと怖い……」
兼続
「……」
宇佐美
「……」
兼続
「と、突撃~!!」



    6.フラれた


佐助
「姫さんにフラちった」
 戦になる前に早苗を甲斐につれてくるように言われていた佐助が悪びれもなく報告する。
幸村
「……失敗したってこと? それなのにのこのこ帰ってきたの?」
佐助
「俺と来たくないっていうもんだから仕方ない」
 幸村はすっと目を細めた。
幸村
「それ、どういう意味か分かる? 私のところに来たくないってことだよ?」
佐助
「……」
幸村
「なんでがたいだけはいい、青二才景勝に私が負けなければならないんだ? 私も脱げば違ったのか?」
佐助
「……」
 佐助はかわいそうな人を見るような目を幸村に向けていた。
幸村
「したったらずないい方がいいなら、いくらでもするよ? わたしは、さにゃだゆきみゅらでしゅ」
早苗
「……幸村様、おやめ下さい」




      7.あ~ん

幸村
「何が海老の殻が硬いからだよ。自分が早苗ちゃんに食べさせたかっただけじゃないか、青二才め!」
才蔵
「……幸村様……」
幸村
「むけばいいなら、私だっていくらでもむくよ? カニをむいて早苗ちゃんに食べさせようか? ふん」
小次郎
「幸村サン……」
 早苗は苦笑し、そっと手元の白いご飯を箸でつまんだ。
早苗
「はい、幸村様」
幸村
「……! 美味しい……。(勝った! 見よ、景勝! 食べさせられる方がはるかにいい!!)」
 小次郎はそんな幸村にため息をついた。そして、早苗と同じようにする。
小次郎
「ほれ、幸村サン、あ~ん」
幸村
「お前からはいらないよ!」



    8.幸村という人


 早苗と婚姻し、景勝は年相応の表情を見せるようになってきた。
謙信
「幸せなんだろうねえ。頬がゆるみっぱなしだよ~?」
景勝
「そ、そうですか?」
 慌てて頬を引締める景勝に謙信は笑う。
謙信
「父の私としては嬉しい限りだけどねえ」
兼続
「本当によかったです」
宇佐美
「ああ」
慶次
「オレがいろいろ悪戯しても全然表情が変わらなかったのにな」
 景勝は嬉しそうにはにかんだ笑顔を見せた。

幸村
「……」
 幸村の表情に佐助は少しびくびくしながら言葉を待つ。
幸村
「佐助、天井から景勝にいっぱいなめくじを落としてやれ」
佐助
「……(なんで俺がそんなこと)」



    9.早苗も困ってるんだ


佐助
「正直幸村の嫉妬の酷さにはついていけねえな。恋敵にすると苦労しそうだ。俺、姫さん諦めようかな」
才蔵
「私もそれをよく考える」
 偶然通りかかった早苗は二人の会話に涙した。そこに幸村が現れた。
幸村
「早苗ちゃん? ! 泣いているのですか? どうかしました?!」
 早苗は濡れた目で幸村を見て、
早苗
「ゆ、幸村様なんて嫌いです!」
といって駆けていってしまった。
幸村
「……。早苗ちゃん……」
 涙する幸村だった。




気に入ってくださいましたら、こちらにクリックよろしくお願いします!


ジグノ★ランキング


 今日はこのくらいで……。



 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた近いうちに!               天音花香

拍手[0回]

PR


こんにちは、天音です。

こちらは乙女ゲーム「いざ、出撃! 恋戦」の二次創作集になります。
今回は「早苗が通る!」ではなくてシリアスな短編を一つ。
主人公は小次郎です。


いざ、出陣!恋戦


たまにはシリアスなものも書いてみたいと思ったので書きました。
コメディーもシリアスも少しずつ増やしていければと思っています。
姫の名前は入れていません。ただ、「姫」としておりますので、
読むときは自分のお好きな名前を想像して入れてください。お願いします。

それではお楽しみ下さい。

この小説ブログ、そしてもうひとつの香水ブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、無許可の販売は禁止です。
某サイトにて著作権侵害、違法販売されていた私の作品の販売が停止されました。
FC2さまと応援してくださった皆様方のおかげです。本当にありがとうございました。




ココから小説



 ――「小次郎」
 鈴の音のように可憐な声で自分の名前が呼ばれる度、オレの心臓がどくんと跳ねる。甘い痛みが胸に広がるのを止められない。姫が最もよくオレの名を呼ぶのは、ただ単にオレが護衛でいつもそばにいるからからだ。

 姫の心の中には別の男がいる。

 それを知っているのに、それでもオレの耳は姫の声を捕らえる。
 オレが剣客ではなく、名のある武将だったら、姫と結ばれることもあったのだろうか……。

「小次郎!!」
 悲鳴に近い声が聴こえ、オレは慌てて姫のそばによった。
「指に切り傷ができてるじゃないか。何をしていたんだ?」
 姫はそばの木を見上げる。
「さくらんぼがなっているのです。小次郎と一緒に食べようと思いまして ……」
 可愛い人だ。
「こ、小次郎!?」
 オレが姫の指を口に含んだので、姫は驚き、頬を朱に染める。
「こうすれば傷の治りが早い」
 そしてオレはその傷を布でしばってやった。
「……ありがとう、小次郎……」
 恥ずかしそうに目を伏せる姫は本当に可憐で、このまま抱きしめてかっさらいたくなる。だが、現実はそう上手くはいかない。この姫は決して可愛いだけではない。女一人で気丈にも国の行く末を担っているのだ。
「オレは姫の護衛だからな」
 言ってそっぽを向く。最も近くて最も遠い距離。
 姫の甘い血の味がまだ舌に残る。
 姫がオレ以外の誰かに嫁ぐのは苦しい。けれど。それが姫の幸せなら。最後までそばで見守ろう。甘い痛みと共に。


気に入ってくださいましたら、こちらにクリックよろしくお願いします!


ジグノ★ランキング


 今日はこのくらいで……。
 
 


 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた近いうちに!               天音花香

拍手[0回]



こんにちは、天音です。

こちらは乙女ゲーム「いざ、出撃! 恋戦」の二次創作集。「早苗が通る!」になります。

いざ、出陣!恋戦


注意;「早苗が通る!」バージョンはギャグ要素ばかりなものです。
姫の名前は 小西 早苗(こにし さなえ)で書かせていただきます。名前の由来は前も書きましたようにありません。思い付きです。
シリアスなものを書くときは姫の名前は無しで書きたいなと思っております。

それではお楽しみ下さい。

この小説ブログ、そしてもうひとつの香水ブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、無許可の販売は禁止です。






ココから小説

「早苗が通る!」シリーズを最初から読んでみる


     1.未熟

小次郎「景勝を襲った二人はおそらく才蔵と佐助だろう。てだれの者たちだ」
早苗「そうなのですね」
小次郎「景勝にあの二人を送るなんて……幸村も早苗にフラれたのがよほど悔しかったんだろうな」
景勝「……(景勝にって……。それは私が未熟だといっているのでしょうか)」
早苗「……」


     
    2.続未熟
    
 ガシャン ビリッ
 夜更け、灯りのない中、物騒な音がこだまする。
早苗「……」
 早苗は灯りを持って景勝の部屋に向かった。
早苗「入りますよ、景勝様」
 灯りもつけずに部屋に一人佇む景勝がいた。
早苗「何かあったのですね」
景勝「姫、私は……いつになれば一人前になれるのでしょうか?!」
早苗「まずは物に当たるのをおやめください」


 
     3.むっつりスケベ


早苗「あ、あの、支度をいたしますので……」
 宇佐美と外に出ることになった早苗が言う。だが、宇佐美は気づかないのか、部屋から出ようとしない。
早苗「あの……」
 小次郎が動かない宇佐美を無言で部屋から連れ出した。
小次郎「あんた本当は分かってて出て行かないんじゃないだろうな?」
宇佐美「……」
宇佐美は顔を赤くして黙った。
小次郎「むっつりスケベ」
兼続「宇佐美殿がむっつりスケベだったなんて!」
景勝「意外ですね」
謙信「安心しちゃった。宇佐美も男だったんだね」
慶次「いや、男なら着替え中にあえて堂々と入るぐらいじゃないとな」
兼続「慶次殿!」
小次郎「アンタらそれは何か違うだろう」
早苗「……」
 支度はできても部屋から出にくい早苗であった。


      4.幸村という人
 

幸村「口下手だからだかなんだか知らないけれど、手は早いよね。宇佐美は。
だったら、私も口下手になればいいの?」
才蔵「今の言葉自体、口下手ではないと思いますが」
小次郎「だが、宇佐美サンは意外にスケベかもな。
服の濡れた早苗を温めるために上半身裸になって抱きしめるなんて、オレでも驚く」
早苗「こ、小次郎! なぜ知っているのですか!?」
 早苗は真っ赤になる。
幸村「……エロじじいめ。佐助、宇佐美に雷を落としてこい」
佐助「できるか!」


      
      5.幸村という人

小次郎「宇佐美サンより高坂サンの方が手が早いんじゃないか?
天然タラシというか……。顔は近いし、手は触るし……」
幸村「高坂め……! 女嫌いのようで、早苗ちゃんにはそんなこと……!!
前から気に入らなかったんだよね。お館様にも、顔が近いし、常にべったりだしね」
佐助「それ私怨じゃね?」
幸村「煩いよ。佐助、お前も私は気に入らない。なんだあの濃厚な口づけは!! 私だってあんな口づけ……したいよ!」
才蔵も隣で頷く。
小次郎「まあ、何だな。幸村サンは自分以外の男は皆敵ってやつだな。オレも同感だが」
早苗「小次郎?」



       6.続続幸村という人


幸村「小次郎が言うとなんで爽やかにきこえるんだ?」
小次郎「いやいや、オレより爽やかクンがいるだろう。高坂サンとか兼続サンとか」
高坂 兼続「え?」
幸村「なんかむかつくけど、まだ直江の方が許せる」
才蔵「俺もです」
佐助「美男美女はなんか許せないもんな」
佐助の言葉に高坂と兼続、早苗以外が頷く。
兼続「なんか嬉しくありません!」
早苗「……」


       7.才蔵の悩み
       

才蔵(俺の役目は心得ているつもりだったけれど)
才蔵「俺のルートのとき、俺よりも幸村と姫が仲良くしている場面が多いのは納得いかない……」
早苗「で、でも、迷いましたよ? 幸村様への思いは恋ではないのではないかと。才蔵様への方に惹かれていました」
才蔵「……史実結末では幸村をとりましたよね?」
早苗「!? ……」
 早苗は思わず黙り込み、気まずそうに目を伏せた。
才蔵「これも地味だからですか?」
早苗「ち、違います……!!」
小次郎「意外と愚痴っぽかったんだな、才蔵サン」





気に入ってくださいましたら、こちらにクリックよろしくお願いします!

ジグノ★ランキング


 今日はこのくらいで……。



 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた近いうちに!               天音花香

拍手[0回]



こんにちは、天音です。

久々の更新となります。少しだけですがお楽しみ頂ければ幸いです。
(才蔵ルートをしたので、内容が才蔵ルート祝言結末よりです)

最近は源平の方を眠れないときにしています。
ゲームとしては面白いのですが、なかなかそちらはネタが思いつきません(汗
やっぱり小次郎のようなつっこみキャラがいたほうがネタにしやすいです。


それから、
くろうさ様。
拍手よりコメントとても嬉しかったです!
今回も才蔵ネタです。どうぞまた遊びに来てくださいね!



*こちらは乙女ゲーム「いざ、出撃! 恋戦」の二次創作集。「早苗が通る!」になります。

いざ、出陣!恋戦


注意;「早苗が通る!」バージョンはギャグ要素ばかりなものです。
姫の名前は 小西 早苗(こにし さなえ)で書かせていただきます。名前の由来は前も書きましたようにありません。思い付きです。
シリアスなものを書くときは姫の名前は無しで書きたいなと思っております。


ココから小説

「早苗が通る!」シリーズを最初から読んでみる


            1.仕方なかったんだ!

小次郎「才蔵の祝言結末だけ見ると幸村サンが大人に思えるから不思議だ」
才蔵、早苗が黙って頷く。
佐助「そうかあ? なんかふらふら心の定まらない奴に見えるぜ?」
幸村「うるさいよ。本当は嫌だけど、凄く嫌だけど、才蔵祝言結末だから我慢したのに……!」
小次郎「本音はやはりそうか……」
才蔵「……幸村……」
早苗「……」

             2.鷹?

 早苗と祝言を挙げる際、熱い告白をした才蔵。
才蔵「……ダメだ。柄じゃない。恥ずかしい……」(ゲームより引用)
 顔を手で隠すように覆って言った才蔵に早苗は赤くなって微笑む。
早苗(才蔵様、可愛いです……)
幸村「夜は獣ののくせにね」
早苗「ゆ、幸村様!?」
才蔵「ゆ、幸村!」
 早苗と才蔵は二人で赤面する。
小次郎「なるほど。鷹だもんな。さしずめ早苗はうさぎか何かか?」
早苗「小次郎! 何か違います!」
佐助「……どんな夜?」


             3.逆告白

早苗「私は……あなたが好きだから……」(ゲームより引用)
 早苗の告白に才蔵はポカンと立ち尽くす。そこへ。
幸村「早苗ちゃんから告白されたのに、何してるの?」
佐助「女に恥かかせんじゃねえ!」
小次郎「そこは何か言うべき」
 三人にタコ殴りにされる才蔵。
早苗「三人ともおやめ下さい!!」
才蔵「いいのです。俺が悪いのだから。しっかり返事をせねば。
……愛してます。早苗姫」
幸村、佐助「やっぱりむかつくんだよ!」
 結局殴られる才蔵であった。
才蔵「俺の扱いって……。やっぱり地味だから……」
早苗「そんなことありません!」



気に入ってくださいましたら、こちらにクリックよろしくお願いします!

ジグノ★ランキング


 今日はこのくらいで……。



 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた近いうちに!              


この小説ブログ、そしてもうひとつの香水ブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、無許可の販売は禁止です。




                           天音花香

拍手[0回]



こんにちは、天音です。
暑いですね。家の中の方が温度が高いため、かなりばてています。
こまめに水分だけはとるようにしています。


さて今日は、久々の「早苗が通る!」更新となります。少しだけですがお楽しみ頂ければ幸いです。
(ちょっと思いついた時期が前だったので時期はずれであります)




*こちらは乙女ゲーム「いざ、出撃! 恋戦」の二次創作集。「早苗が通る!」になります。

いざ、出陣!恋戦


注意;「早苗が通る!」バージョンはギャグ要素ばかりなものです。
姫の名前は 小西 早苗(こにし さなえ)で書かせていただきます。名前の由来は前も書きましたようにありません。思い付きです。
シリアスなものを書くときは姫の名前は無しで書きたいなと思っております。


ココから小説

「早苗が通る!」シリーズを最初から読んでみる



           1.焼き魚


兼続「今日は鮎を焼きます」
謙信「焼き魚は好きだよ。宇佐美が釣ったんでしょ? お疲れさま」
早苗「次々と釣れてお上手でした」
 宇佐美は顔を赤くした。
兼続「……」
兼続「わ、私は鮎を焼いておりまする!」
謙信「……それで?」
早苗「や、焼くことも簡単ではありませんよね!」
小次郎「……」
謙信「私は何もしてないけど?」
 兼続は何も言えずに黙った。
小次郎「焦げてるぞ、鮎」
兼続「!?」


             2.焼き魚2


兼続「焼き魚といえば、大根おろし!」
 早苗に励まされて気を取り直した兼続は満面の笑顔で鮎がのった皿を運んできた。
謙信「……気のせい? その大根、橙色だけど?」
兼続「気のせいです! 大根はすりおろすと橙色になるのですよ!」
小次郎「……」
早苗「ま、まあ、さっそく頂いてみましょう」
謙信「私はやだよ」
兼続「そういわずに……」
早苗「あーん」
 早苗が謙信の口に橙色のすりおろしたものをのせた鮎を運ぶ。半ば反射的に謙信はそれを口にした。
謙信「う……。ごくん」
 謙信が飲み込むのを固唾を飲んで見守る一同。
謙信「……あれ? 意外と美味しいかも」
兼続(よし! 人参攻略です!)
小次郎「早苗効果だな」





気に入ってくださいましたら、こちらにクリックよろしくお願いします!

ジグノ★ランキング


 今日はこのくらいで……。



 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた近いうちに!              


この小説ブログ、そしてもうひとつの香水ブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、無許可の販売は禁止です。




                           天音花香

拍手[0回]


Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]