忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[10/10 ブランド激安市場N級品専門店]
[09/22 プラダバッグコピー]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 77 ] [ 78 ] [ 79 ] [ 80 ] [ 81 ] [ 82 ] [ 83 ] [ 84 ] [ 85 ] [ 86 ] [ 87 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんばんは、天音です。


短編ばかりが浮かぶ最近の天音。

今回は自分の趣味に思いっきり走っております。
香水が大好きなもので、それネタのを書きたいなと思っていたので、書いてみました。
小説ブログではなくて、香水ブログも実は持っておりまして……。
最近は香水だけでなくなんだかいろいろごちゃごちゃしていますが。

興味のある方は、
香水大好き女が行く!
の方へどうぞ。

ではなくて、短編でしたね。

こちらの小説に出てくる香水は実在しません。
そして、実際の香水を香ったときに、こんなに明確に映像が見えることはありません。
ただ、ぼんやりと情景が浮かぶような香水はやはりあります。
そういう香水に出会ったときはとても嬉しいです。
でも、映像が浮かばなくても大好きな香水もあります。
感覚的に好きだ! と思えるものがあるというのはありがたいことだなあと感じます。
こんな体験ができればいいなあと思いながら書きました。

でも、この小説を思いついたのは、こういう感覚の夢を見たからであったりします。
矛盾するようですが、小説そっくりの夢ではなく、ヒントになるような夢です。
映像は全然違いますし、。妖精さんは子供だったし、香りの博物館みたいな感じでした。それはそれで味があってよかったんです。
「香りに敏感な人間とそうでない人間に人は分かれる。
しかし、どんな香りも人間の五感に作用し、精神に安定をもたらすこともあるともに、香りによっては人を凶暴性に駆り立てたりなど、犯罪に関与することも多々ある」
なんて最初の立て札に書いてあって。
なんか変わった夢でしたが面白かったです。

すみません、また脱線いたしました。

それでは、

ココから小説

「香りの王国」



 ふわっと香りが鼻をかすめた。
 一瞬の暗転。
 パラパラとページがめくれるような、奇妙な感覚。
 ――!
 あ、また来れた。香りの王国。
 ? これは砂の、香り……?
 羽をきらきらと輝やかせて、妖精が私に囁く。
「灼熱の太陽にさらされた砂は夜には驚くほど――」
 あ、冷たい……!
 !?
 虹色の果実が落ちてくる。くるくると回るその果実は紫に見えたり、橙に見えたり、なんとも不思議だ。
「渇きを潤すのは甘くて冷たい果実酒」
 求めていた味を舌に感じると、なんだか酸っぱいような、キュンと口が窄まる感じがする。実際には酸味は弱くて、とても甘くてとろりとしているのに。疲れが和らぐような甘さ。まったりと甘いのにしつこくない。なんとも丁度いい甘さだ。この甘さにぴったりな芳しい甘い香りが口から鼻にぬけていく。ああ、甘い香りにこんなに酔えるのは久しぶり。
 !?
 甘さが変わった。
 何? これは、何の色なの? 大きな花びらの大きな花。極彩色? いや、違う。香りが強いから鮮やかな色かと思ったけれど、これは眩いばかりの白色の花。肉厚な花びらの中心からまったりとした甘さと少し重みのある渋さが香ってくる。甘さだけでは物足りない。この渋さが甘さをより強調して、滑らかさも出している。一度嗅いだら忘れられないような独特な香りの花。砂の香りにマッチする不思議な花。
「少しの水でも育つ生命力があるのよ。ここで迎えてくれる花なの」
 風にあおられて香ってくる花に混じって樹の香りがしてきた。乾いた少し鼻につんとするような香り。それでいて樹らしい重さはちゃんとある。ほの甘さもある。安心する香り。葉の香りもする。乾いた樹に対して、瑞々しさを感じる爽やかな香りが、ほんの少しだけ。
「この樹も水が少なくても育つの。樹が細いのは養分が足りないから仕方ないわね。葉に少しでも水を蓄えようとするのよ。若い芽のときは、食べることもできるの」
 あ、少し苦味のある、でもスーッとするような爽やかさが口に広がる。そうか。これが感じた爽やかさ。
「さあ、肌にのせてみて!」
 そうだよね。のせてみなきゃ、これは。
 ――!!
 先ほどと同じように底のない井戸に落ちるような感覚。意識を失いそうになる。
 どくんと心臓がはねた。
 ――丸い月。冷たい白銀が空を遠くまで照らす。ラクダがゆっくりと冷めた砂の上を歩く。ラクダにくくりつけた果実酒の香りが砂の香に混じって漂ってくる。月の光に濡れた青い砂丘はなんとも妖艶で、誘うようで、それでいて優しくはない。
 香りが漂ってくる。すぐ近くにオアシスがあるのだ。白い花が月下で幻のように輝いている。ひょろりと背の高い木々が風にゆっくり揺れている。
 そうか、そういうことだったのか。

「ほのか? ほのか? ちょっと、大丈夫? またトリップしてるよ、この子。戻っておいで!」
「……」
「ほのか!」
 がくがくと揺らされて、私ははっと我に返る。
 香水のボトルが目の前には並んでいて、隣には友人たちがいた。どちらが現実か分からない妙な錯覚を覚えるのはまだ香りが試しにつけた手首から香っているから。
「お気に入り、また見つけたんだ?」
「うん」
 ぼんやりする意識のまま返事をする。
「どんな世界だった?」
 慣れっこになった友人が訊いてくる。
「うん。夜の砂漠。満月に、オアシス」
 私の言葉に友人が怪訝そうな顔をする。
「……砂漠? 香水だよね、それ」
「うん。うっとりするほど、幻想的で官能的だよ?」
 私はその友人の手首にもシュッとテイスター用の香水をかけた。
「……。うーん、そういわれればそんな感じかなあ……」
 何度か香りをかぐ仕草をして、友人がうなっている。
「でも、うん。素敵な香りだね。
よかったね。またお気に入りが増えて」
 友人が笑った。
「うん!」
 私も満面の笑みで答える。

 自分好みの香りに出会うと、香りの王国の扉が開く。
 どの香水でもではない。これは貴重な出会い。
 次はどんな香水がどんな世界に連れて行ってくれるのだろう?
 それも楽しみだけれど、まずは。
「それ、どうするの?」
「うん、買う! 久しぶりのヒットだもの」  
 今日はこの香水で夜の砂漠を散歩することにしよう。


                            了

この作品を気に入ってくださいましたらクリックをお願いいたします。


 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた!               天音花香 

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]