忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
[08/05 藍]
[07/21 天音花香]
[07/15 藍]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 91 ] [ 92 ] [ 93 ] [ 94 ] [ 95 ] [ 96 ] [ 97 ] [ 98 ] [ 99 ] [ 100 ] [ 101 ]


こんばんは、天音です。

今回も更新は恋戦の二次創作で……。

いざ、出陣!恋戦


なんだか滑っている気もするのですが、書いていて楽しいので書かせていただきます。
前回同様ギャグ要素ばかりなものです。
ということで、引き続き姫の名前は 小西 早苗(こにし さなえ)で書かせていただきます。名前の由来は前も書きましたようにありません。思い付きです。

この小説ブログ、そしてもうひとつの香水ブログに載せている全ての作品の著作権は天音花香にあり、放棄しておりません。
無断転載、無許可の販売は禁止です。
某サイトにて著作権侵害、違法販売されていた私の作品の販売が停止されました。
FC2さまと応援してくださった皆様方のおかげです。本当にありがとうございました。




ココから小説

シリーズを最初から読んでみる



  1.続続続幸村という人


佐助「早苗も顔に火傷があるなんてことにされて可哀相だよな。お館様が女好きだからじゃないな、あれは」
小次郎「猿にしては鋭いな」
佐助「綺麗な早苗をお館様や高坂に見られたくないんだぜ、きっと」
小次郎「恐るべき独占欲だな」
 小次郎の言葉に才蔵も無言で頷く。
幸村「そこの三人。こそこそ何を話しているのですか?」
 三人が振り返ると、凍りつくような笑みを浮かべて幸村が立っていた。


   
   2.景勝の悩み(景勝ルート)

謙信「よかったね。早苗姫のような姉上ができて」
景勝「……」
 景勝は内心複雑だった。
景勝(……姉上ということは恋心は抱くのはおかしい……。でも、この心を抑えられるのだろうか……。
でも、でも、弟じゃなければ姫の手を握ることも、背に手をそえることもきっとできない……。
はっ!)
 景勝は我に返って赤くなる。謙信が楽しそうに笑ってそんな景勝を見ていた。
景勝「わ、私はいやらしいことなど何も!」
謙信「そんなこと誰も言ってないけど?」
兼続「青春ですね!」
 宇佐美も黙って頷いている。
早苗「皆様とても仲がよろしいのですね!」
小次郎「そこか?」


 
  
  3.宇佐美の祝言


宇佐美「早苗姫と祝言をあげようと思っております」
謙信「(……早苗姫の好みってちょっと分からないかも。でも……)
宇佐美にそのような相手ができて私も嬉しいよ。早苗姫はいい娘だしね。よかったね」
兼続(……!? 宇佐美殿と早苗姫が?!)
慶次(……年寄りがいいのか……!?)
景勝(……宇佐美殿路線に進めばよかったのでしょうか……)
 複雑な顔で肩を落とす三人。
小次郎「おマエら、失礼すぎるだろ」


  4.裏兼続?

兼続
「宇佐美殿と早苗姫が……。
殿は身分が高すぎ。景勝様は幼くて頼りない。慶次殿はお洒落だけど破天荒すぎ。
どう考えても爽やかで、顔もそこそこよくて、そこそこお洒落で、世話焼きで、誠実な私を早苗姫は選ぶとばかり……。
……まさか年寄りの宇佐美殿を姫が選ぶなんて……」
小次郎
「兼続サン、意外に腹黒い人だったのか……」
 衝撃を受けた小次郎だった。


  5.間違った敵対心

早苗
「ねえ、小次郎。兼続様と高坂様は城内のことを任されていますし、どことなく似ていますよね?」
小次郎
「そうかもな」
 小次郎は気のない返事をする。
 兼続と高坂はお互いを見て火花を散らした。

兼続
「殿! にんじんを今日こそ食べてください!」
謙信
「兼続? なんだか今日は顔が近いよ?」
 謙信は嫌そうに顔をしかめた。

高坂
「お館様。にんじんも食べなくては」
信玄
「? にんじんぐらい普通に食べれるが?」
 信玄は訝しげに高坂を見てにんじんを食べようとする。
高坂
「お館様。そこに芋虫が」
信玄
「何!? 早くとれ! 高坂!」
高坂
「武士たるもの、芋虫に怯えていてはいけませんよ?」
信玄
「うるさい!」

兼続
「……。わ、私は高坂殿のように、殿に心酔しきってはおりません! おなごが好きであります!」
小次郎
「なるほど。高坂サンのように残念な人ではないと」
謙信
「ふうん。兼続は私に心酔してないんだね。じゃあもうそばにいなくていいよ?」
 兼続が顔色を変える。
兼続
「殿、嘘です! 心酔しております! 誰よりも殿のことを思っております!」
早苗
「……」
小次郎
「あわれな」
 

    
   6.敵対心


早苗
「宇佐美様と幸村様は軍師。お二人とも知略に富んでいらっしゃいますね」
小次郎
「……そうだな」
 小次郎は何度目かの気のない返事をした。
 宇佐美と幸村は互いを見て火花を散らした。が。
幸村
「名高い宇佐美殿と比較されるとは、恐れ多くも嬉しく思います」
 笑顔で早苗に幸村は言う。一方宇佐美は黙って幸村を睨んでいた。
小次郎
「オレは見た。宇佐美を睨みあった後、幸村が『ふんっ』と鼻を鳴らすのを」
早苗
「……対照的なお二人ですね」
 早苗は何ともいえない笑顔でそう言うしかなかった。
 


    7.殿方評論


早苗
「美形と言えば、高坂様と謙信様かしら? 佐助も実は綺麗なお顔をしているわ。小次郎も女性のように整った顔です」
小次郎
「そりゃどうも」
早苗
「誠実なのは宇佐美様、兼続様、才蔵様、景勝様、佐助ね」
早苗
「頭脳明晰なのは謙信様、信玄様、幸村様、宇佐美様だわ」
早苗
「行動力があるのは、慶次様、幸村様、信玄様、謙信様、佐助……」
小次郎
「奥手なのは宇佐美サン、信玄サン、才蔵」
 唐突に小次郎が名をあげ始め、驚いて早苗は小次郎を見た。
小次郎
「残念なのは高坂サン」
早苗
「こ、小次郎……?」
小次郎
「年寄りなのは宇佐美サン。老けてるのは景勝。嫉妬深いのは幸村サン、信玄サン。無趣味なのは幸村サン」
早苗
「こ、小次郎……!」
小次郎
「助兵衛なのは、謙信サン、信玄サン、慶次、幸村サン、兼続サン、高坂サン。まあ、全員だな」
早苗
「父上……。いつか小次郎がこの毒舌で命を落とすのではと思うと、早苗は心配です……」



    8.続殿方評論


小次郎
「野犬は慶次。野猿は佐助」
 早苗はげんなりした顔で小次郎を見る。
小次郎
「躾がなっていないのは佐助。口が悪いのも佐助」
早苗
「小次郎は佐助に恨みでもあるのですか?」
佐助
「そりゃ、俺から殴られたからだろう。何なら続きをやるか?」
 好戦的な目をして佐助が小次郎を見ると小次郎も柄に手をやる。
早苗
「お二人ともおやめください!!」
慶次
「お? 楽しそうなことしてるな。俺は小次郎にかけた!」
早苗
「慶次様!?」
謙信
「私も小次郎だなあ」
早苗
「謙信様まで……!」
慶次
「二人とも小次郎じゃかけにならんな」
信玄
「では俺が佐助にかける。幸村お前は?」
幸村
「……小次郎殿に」
佐助
「幸村!? お前裏切るのか!?」



    9.続続殿方評論!?


兼続
「賭けに勝った方は姫から餅を食べさせていただけます! つきたてのお餅、用意してますからね~」
謙信
「まだ餅つきネタ続いてるの? 芸がないなあ」
兼続
「殿! まだ食べたらいけません! 高坂殿も!」
信玄
「高坂、お前なぜそちらで餅を食べている?」
 信玄の鋭い目に高坂は慌てて食べかけの餅を置く。
高坂
「お、お館様。高坂は毒見をと……」
小次郎
「そんなに食べたら毒が入っていたら死ぬぞ?」
 佐助と対峙していた小次郎が高坂に突っ込む。
佐助
「なんかしらけた。俺も食う」
 身軽なこなしで佐助がやってくる。
兼続
「今回は姫はどうされますか?」
早苗
「で、ではきなこで……」
信玄
「長尾、お前のところはいつもこんなに騒がしいのか?」
謙信
「晴信君はいつも一人なの? 寂しいね」
信玄
「威厳の問題だ!」
謙信
「とか言って、ほんとは羨ましいんだよね。皆で食べたほうが美味しいし」
 そう言って餅を頬張る謙信に信玄は憮然とした顔になる。
信玄
「……俺は早苗と二人で食う! 早苗!」
小次郎
「子供だな」
謙信
「晴信君? 抜け駆けは許さないよ? 姫を放せ」
 謙信から鋭い気が発せられ、一同は皆固まった。
小次郎
「鬼神降臨……」




気に入ってくださいましたら、こちらにクリックよろしくお願いします!


ジグノ★ランキング


 今日はこのくらいにしときます。
 まだ書きたいと思います。


 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。嬉しいです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。


 それではまた!               天音花香

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]