忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[10/10 ブランド激安市場N級品専門店]
[09/22 プラダバッグコピー]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 49 ] [ 51 ] [ 52 ] [ 53 ] [ 54 ] [ 55 ] [ 56 ] [ 57 ] [ 58 ] [ 60 ] [ 61 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 こんばんは、天音です。

 今日は1996年から1日分だけ……。
 というのも、次が8月8日だからです。
 一応、時期を平行して載せてみようという試みです。

 まあ、なんというか、今日アップする内容は、ますます恥ずかしいものになっております。

 私は主人に告白したときにも、付き合うということは全く頭になかったんです。告白されたほうからは困るそうですね。私は「好き」と伝えることで満足してしまうタイプのようで……。結婚できたのが不思議です。
 高校生のときはときで、また変わった考え方だったようです。
 それが今回の日記を読み返すとよくわかります。
 
 だれか共感してくださる方がいればいいのですが……。難しいかも……。
 

最初から読む方


 ココから日記




 一九九六年 八月二日


 まだ挨拶さえしてない私。ああ、話しかけるチャンスがない。
 さらに、私は一人、考える。私はとても迷惑をかけているのではないだろうか? 無理矢理頷かせたのでは? と。あの人に好きな人がいたら私は邪魔でしかない。あの人も誤解されたくないだろうし……。「友達になってください」と言ったときの、あの人のなんともいえない顔を思い出してそう考える。あの顔は照れじゃない。笑いもない。カタイ表情。目だけは大きく開かれていて……。明らかに困ってた。それでも私の話を聞くときは黙って私の方を向いて聞いてくれたのは尊敬に値する。嫌だったと思う。恥ずかしかったと思う。ごめんなさい。私は皆の前であの人に恥をかかせてしまったんだね。本当に馬鹿な私。電話も失敗だったな。いらぬ期待をさせてしまったし。他の大人しくて、可愛い子かもと思ってたかもしれないし。がっかりしたかもなあ。ぐすん。なんかいろいろ考えると悲しくなってくる。いまだに自分の気持ちもよく分からない。
「恋愛感情がないとはいえません。あなたの隣に特定の人ができると嫉妬してしまうと思います。でも、単純にそうとは言い切れないんです。尊敬とか憧れみたいなのがあると思うんです。私の中で、あなたはとても綺麗な存在です。でも、私のイメージするあなたは本当のあなたではないと思うんです。それなのに私の想像のあなたと、実際のあなたを重ねて、好きというのはとても失礼な気がします。だってそれは本当のあなたではないから。だから友達になりたいんです。もっと話して、あなたのことが知りたい。そうすることで、私の感情が何であるのかを理解したいんです」
 これが今の私の正直な気持ち。うまく伝えられたら苦労しないのになあ。

 それにしても、どうして私ってばこんなに暗くてじめじめした性格なんだろー!
 もっとスパーっと軽く考えられへんのかいなっ。

                          

この作品を気に入ってくださったらクリックをお願いいたします。




 だそうです。やっぱり変わった娘だったのかもしれません。
 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。特に先日更新したときは珍しく三回頂きました。こちらの方で一日に複数いただけるのは珍しく、嬉しかったです。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。

 それではまた近いうちに!               天音花香

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]