忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
フリーエリア
最新コメント
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
[08/05 藍]
[07/21 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 52 ] [ 53 ] [ 54 ] [ 55 ] [ 56 ] [ 57 ] [ 58 ] [ 60 ] [ 61 ] [ 62 ] [ 63 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



こんばんは、天音です。


暑い日が続きますね。
さて、そんな暑い中、今年も甲子園の時期がきましたね。

ということで、今回は、甲子園球児の姿を綴った詩をアップします。

ほとんど、高校生のときに書いたものなんですけれどね。
当時、ビデオにとって見てました。
自分と同じ年の少年たちがとても大人びて見えて……。
感動しましたね。


それでは、お楽しみ頂ければ幸いです。


ココから詩



「甲子園」

真夏の空に
真っ白なボールが
少年たちの熱い思いをのせて
高く上がる



「甲子園球児に送る」

目がいいね
投手のミットを見る目が
打者のボールを見る目が
高く上がったボールを追う目が
凄くいいね
私たちが
一生かかってもできない表情を
彼らは
この夏の数日間だけ浮かべる
あどけなさの残る顔に宿った
強い意志が
彼らを一回りも二回りも
大きく見せる
試合後に
自然と溢れ出す
喜びの あるいは悔しさの涙は
本当に一生懸命やったという
「勲章」だね

頑張ったね
君たちが
この夏も
一番輝いてたよ



「ランナー」

ランナーが走る
跳ぶ
ユニフォームの文字が黒く消された
汗と土まみれの顔で審判を仰ぐ
審判は……
ランナーは崩れた
顔がくしゃくしゃになって
帽子を深くかぶって
涙をぬぐう
また来年
来年も見せてね
あなたの雄姿を



「甲子園~一人の投手~」

痛い足をひきずって
グラウンドに立ち
迷いのない綺麗な目で
一球一球
歯を食いしばって
祈りながら
自分の力を信じながら
投げ続ける
三振
こぼれる笑み
また一つ
勝利に近づいた

あなたが見ているのは
勝ち取るべき未来
ボールに重ねて……



「甲子園~一人の投手~2」

ミットを見る
頷く
投げる
顔が苦痛に歪む
足が投げる度に崩れる
それでも彼は
マウンドを降りようとしない
ただただ
投げ続ける
最後の最後で
ボールはレフトをぬけて
彼は悔しげに空を仰いだ
嗚咽が漏れる
お疲れ様
あなた 一番輝いてたよ
感動をありがとう
来年もあなたを見るから
今度こそ



「頑張れ!」

夏の低い空に
高い音が響いた

それぞれの思いを宿した
最後の一球は
高く掲げたグローブの中に
しっかりおさまった

走りよるチームメイト
こぼれるあどけない笑顔
対して
涙を堪えて
背中を叩き合う者たち

試合に勝敗はある
でもあなたたちは
それよりももっとかけがえのないものを
得て 
同時に与えてくれた
こんなに輝いて見えるあなたたち
ちょっぴり羨ましいくらいだよ
今年も夏は終わるけれど
この心のほとぼりは
きっと冷めることはないだろう
来年も 再来年も これから先ずっと
あなたたちにエールを送ろう
「頑張れ!」

アルファポリス「第4回アート大賞」(開催期間は2011年10月1日~2011年10月末日)にエントリーしています。下のバナーへのクリックよろしくお願いします。




 今年も甲子園球児たち、頑張って欲しいです! 応援しています。

 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 拍手、ときどきいただいております。一言あるともっと喜びます。

 また、ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナー、たくさんありますが、クリックしていただければ幸いです。

 それではまた近いうちに!               天音花香

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]