忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[10/10 ブランド激安市場N級品専門店]
[09/22 プラダバッグコピー]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 27 ] [ 28 ] [ 29 ] [ 30 ] [ 31 ] [ 32 ] [ 33 ] [ 34 ] [ 35 ] [ 36 ] [ 37 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは、天音です。

この小説は、六道 慧さんの「神の盾レギオン 獅子の伝説」の二次創作です。
(古い作品なので、知らない方が多いとは思いますが……)
登場人物は左のリンクにある「登場人物」を参照されてください。

えっと、順がよくわからないことになってまして、
1を読んだ後、バックをしたら2に行くようになっているようです。
読みにくくてすみません。

それから、一気に書いていないせいか、内容がだぶっているところがあるかもです。
我ながらしつこい文章だな……と思いますがすみません。


コメントいただければ喜びます。
それでは、お楽しみいただければ幸いです。


ココから小説




「よお、遅かったな」
 聞きなれた声にマーニは顔を上げる。
「ソリス、さま……」
 かなり自分が動揺していたことにマーニは気づく。ソリスの気配に気づかないなんて。否、ソリスが気配を消していたのだろうか? どちらもだろうと思う。
「今、ニールの店に迎えに行こうと……」
 ソリスの目をまともに見ることができず、視線をうろうろさせながらマーニは言った。いつの間にか城門まで来ていたことに気づき、再度驚く。
「城門……」
「? なんだ、大丈夫か? 」
「……ソリスさま、なんでこんなところに?」
「は?」
「いえ、今頃リライザを口説いているかと……」
 ぼんやりと本音を言ってしまい、しまった……とマーニは口を噤む。
「……。ほお」
「いえ、あの……」
「……リライザは可愛かったな、確かに。ただ……リアファーナ王女に似ているからという理由で口説くのはどうかと思ってな……」
 マーニはソリスをちょっと見直した。
「そう、ですか……」
「意外そうだな」
「え? ええ、まあ。
それにしてもどうしてここへ?」
「はあ? 王子が城に戻ってどこが悪りぃんだ?」
「いえ、てっきり娼館へ泊まってこられるかと……」
 しまった。また失言を……。
「ほお……。……まあ、そう思われても仕方ないのは仕方ない、が」
 ソリスはじっとマーニを見る。
「お前、大丈夫か? ぼんやりしてるぞ?」
 マーニは黙ってしまった。
 正直、大丈夫ではなかった。
「……で。
本当なのか?」
 ソリスの声が急に真剣さを帯びる。
「え?」
「従者の件だよ」
「!?」
 マーニは目を見開いてソリスを見た。
「なぜ……」
「兵士から無理やり訊いた」
 だから一人残したのか……。
「……どこまで、聞かれたのですか?」
「あ? おれが聞いたのは、ミレトスの従者が既に呼ばれていて、噂ではミレトスの従者とおれの従者を交換するって」
 ソリスはまっすぐにマーニを見て言った。
「それで、どうだったんだ、実際は? ……いや、なんて答えたんだ、マーニは」
「……」
 マーニは耐え切れずに目をそらした。そんなマーニの顎をソリスは掴む。
「おい、なんで目をそらすんだ? 答えろよ」
「……ソリスさまの言った通りです。従者を交換すると、言われ……わ、わたしは……断ることができませんでした」
 ソリスはマーニから手を離した。
「……そうか」
「……はい……」
「……ま、お前には世話になったな。迷惑ばかりかけちまった気がする。悪かったな。マーニもほっとしただろ? よかったな。
ミレトスを頼む」
 ソリスは手を頭の後ろで組み、そっぽを向いてそう言った。
「……っ」
 ずきりと胸が痛んだ。
 そうか、ソリスさまは、従者が変わっても、何とも……思わないんだ……。
 不覚にも涙がたまってきた。
 なんてわたしは不運なんだろう。ソリスさまに一生仕えようと思った。そう思えたときに、こんな……。
「?!」
 マーニはいきなりソリスに胸ぐらをつかまれ、驚いてソリスを見た。たまっていた涙がこぼれる。
「く、……苦し……」
 ソリスはマーニを壁に打ち付けた。ソリスのまっすぐな視線がマーニを捕らえていた。
「痛っ! ソリス……さま……!?」
「おれがそう言うと思ったか? マーニ、お前はおれの従者だよな? おれを裏切るのか?! おれは認めねえからな!」
 嬉しい。嬉しい言葉。だが……。
「っ……エル・カルーにいる限りはアリク王の命令は絶対です!」
「親父がそんなに怖いかよ!? くそっ! もうお前なんかしらん! ミレトスのところでもどこでも行っちまえ!」
 ソリスは城とは反対の方へ走っていってしまった。
「ははっ」
 以前は早く従者を辞めたいとばかり思っていた。
 ソリスさまに振り回され、後始末ばかりしなければいけなかった毎日。でも、本当に従者を辞める日が来るなんて……。
 ローエングリン伯爵のときと同じ。大切なものは失ってから気づく。
「わたしは馬鹿だ……」
 ソリスに恋愛感情があるわけではない。ただ、ソリスが主で、誇らしいと思えた。仕えている自分は幸せだと思えた。思えたところだったのに……。

                       4に続く……


アルファポリス「第2回青春小説大賞」にエントリーしています。
「高校生日記」「空の時間」「体育祭(こいまつり)」
それぞれ作品ごとにエントリーしていますので、
クリックは作品ごとの下にあるバナーにしていただければ幸いです。

ランキングバナーは開催期間中、「Webコンテンツ大賞」仕様のものが表示されております。
詳しくは
http://www.alphapolis.co.jp/citi_cont_prize_expl_vo.phpをご覧ください。
11月からの一ヶ月間です。よろしくお願いします。 (2009年11月1日~2009年11月末日)

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
Trackback
Trackback URL:

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]