忍者ブログ
天音花香の小説をUPするブログです。個人サイトの小説はこちらに移しました。現在二時創作と短編を中心に書いています。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
フリーエリア
最新コメント
[10/10 ブランド激安市場N級品専門店]
[09/22 プラダバッグコピー]
[08/15 激安ブランド館N品激安専門店]
[06/26 カルティエ 結婚指輪 ラニエール]
[08/05 天音花香]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
天音花香
HP:
性別:
女性
職業:
主婦
趣味:
いろいろ・・・
自己紹介:
小学生のときに、テレビの影響で、小説を書き始めました。高校の時に文芸部、新聞部で文芸活動をしました(主に、詩ですが)。一応文学部でです。ですが、大学時代、働いていた時期は小説を書く暇がなく、主婦になってから活動を再開。

好きな小説家は、小野 不由美先生、恩田陸先生、加納朋子先生、乙一先生、浅田次郎先生、雪乃 紗衣先生、冴木忍先生、深沢美潮先生、前田珠子先生、市川拓司先生他。
もう一つのブログでは香水についてレビューをしております。
http://yaplog.jp/inka_rose/
こんな私ですが、宜しくお願いします。





ランキングに参加しております。よろしければ下のバナーをクリックしてください!


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ブログランキングのブログん家


ネット小説情報局


オンライン小説検索・小説の匣


文芸Webサーチ


カテゴリ別オンライン小説ランキング

オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなびtitle="オンライン小説/ネット小説検索・ランキング-HONなび"width="200"height="40"
border="0">



NEWVEL2


『小説家になろう』


『MEGURI-NET』


『NEWVEL』





別名で小説を出版しております。

クリックで救える命がある。
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
フリーエリア
フリーエリア
[ 37 ] [ 38 ] [ 39 ] [ 40 ] [ 41 ] [ 42 ] [ 43 ] [ 44 ] [ 45 ] [ 46 ] [ 47 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 こんばんは。天音です。

 お久しぶりになるのかな。
 

 最近書く短編は意味がわからないのが多いなあと自分でも思います。
 小説を書くとき、登場人物に名前をつけるのが結構好きなのに、最近のは名前すらでてこない……。自分でも何で書いているのかよくわからないのですが、あえて言うなら思いつくままに書いています。
 今回のタイトルは「煙草」ですが、私は吸いませんので、リアリティがなかったらすみません。
 

 拍手ときどき頂いています。ありがとうございます。
 一言あったら、もっと喜びます。
 よろしくお願いいたします。


 では小説いきます。


 ココから小説
 
 

 煙草


 ピピピピ……
「う……」
 私はベッドの脇に置いてある目覚ましを止めた。
 七時。
「……」
 目覚ましの横を手で探って、あ、と思い直す。そういえば、禁煙をしていたんだっけ。しばらく切っていない髪をわしゃわしゃとかいて、ベッドから出た。
「……」
 だめだ。我慢できない。煙草、煙草……。
 メイクをするより、少しでも長く寝たいから、七時に合わせてある目覚まし。
 まずいな。遅れるかもしれない。でも、煙草が欲しい。確か引き出しの奥にまだ数本あったはず……。
 キャミソールにショーツという、ほとんど裸に近い姿で、あたり構わず引き出しを開ける。
 あった!
「ふー」
 自分の口から出る煙をぼんやり見つめる。肺にニコチンが入ってくる。頭がすっきりしてきた。久しぶりの煙草は想像以上に美味しい。
「……」
 なんで夢に出てきたのかな。もう忘れていたのに。
 学生のときの片思いは、淡くて儚くて、なんだろう、何かに似ている。確か甘いもの……。
 甘かったかなあ……。
 見た夢を回想する。確かに夢は甘かった。アノ人が私に微笑みかけるなんて。手をとって電車に乗り込むなんて。
「ふ、ふふ」
 現実じゃありえなかった。目を合わす事さえ恥ずかしくて、でもそれがくすぐったくて、大切で……。
 今だって違う人に片思いをしているのに、今の私は、甘い何かより、煙草の方がずっと美味しい。嘘もつくし、恋の駆け引きを楽しんでいる。でも、胸が苦しいと思うのは同じかもしれない。
 私から煙が出る。
「……。あちっ」
 いつの間にか短くなっていた煙草を慌ててテーブルに押し付けた。
 まったく、汚いな、何もかも。
「やばい、遅刻する」
 おきっぱなしのスーツから一着選んで、着ながら、栄養ドリンク剤を飲む。髪を手ですいて、眉をかいて、口紅をひく。
 履いても履いてもなれないピンヒールの靴に足を入れて、鍵を閉めた。
 ああ、もう一本ぐらい吸いたかった、なんて思いながら、私はいつもの駅までの道を走った。
 



この作品を気に入ってくださいましたらクリックをお願いいたします。




 ここまで読んでくださりありがとうございました。
 暗くてすみませんです。

 ランキングに参加しております。
 プロフィール下のバナーをクリックしていただければ幸いです。

 それではまた必ず!               天音花香

拍手[0回]

PR
Comment
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
<<   HOME   学校 >>

Copyright © 天音花香の小説ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
忍者ブログ [PR]